ETCカードとは?

ETCカードを知ろう

ノンストップで料金所を通過できるETCのシステムは渋滞緩和に一役買っています。

新着記事

実際にETCカードを作るには
ETCカードのデメリット

ETCカードとは?

ETCカードとは、キャッシュカードと同じ大きさのカードに、カード固有の情報を書き込んだICチップと車載器と接続するための端子を埋め込んだカードです。

発売された当初はさまざまな費用がかかったために普及率は低かったのですが、ETC割引の導入や休日特別割引の実施により現在の普及率は90%近くまで普及しているとも言われています。

料金所で清算のために車が停まってしまうことで起こっていた渋滞を少しでも緩和できるようにと取り入れられたシステムで、実際に渋滞緩和に大きく貢献しています。

ETCカードを利用するには、ETCカードを用意して車に車載器を設置する必要があります。

ETCカードを車載器にセットして高速道路を通行することで、ノンストップ自動料金支払いシステムレーン、俗に言うETCレーンをノンストップで通過することができます。

ETCカードを利用することで、高速道路会社によるETC割引や利用者にさまざまな特典をつけるカード会社も多く、ETCカードの普及に一役買っていると言えます。

手持ちの現金がない場合でもETCカードがあれば高速道路を通行できるという便利さから、お金を利用している感覚がなく、金銭感覚がマヒしてしまい通行料金の引き落としの際に驚くということもあるようです。

参考サイト --------- http://amandaseyfriedfans.net/