ETCカードのシステム

ETCカードを知ろう

ETCのシステムは車載器が無線通信で料金の支払いをしてくれるというものです。

新着記事

実際にETCカードを作るには
ETCカードのデメリット

ETCカードのシステム

ETCカードを使って高速道路の料金所をノンストップで通過できるということは理解できたと思いますが、実際どのようにして通行料金の計算や精算が行われているかご存知ですか?

今までの高速道路は、乗り口で通行券をもらい、降り口で料金を支払うという形態をとっていましたよね。

ETCカードを使うと、キャッシュレスでノンストップなので、本当に正しい通行料金を払っているのか、払いすぎたりしていないのが不安になったりしませんか。

車載器にETCカードを挿入しておけば、高速道路に入ったときに設置されている路側アンテナが車載器と無線通信することで情報が記憶され、出口や料金所の路側アンテナとの無線通信での情報交換によって、通行料金を計算し、ETCカードに内蔵されているICチップの情報で自動的に通行料金を払うという流れになっています。

ETCカードはクレジットカードと同じですので、通行料金は後日、登録してある銀行口座から引き落とされるようになっているのです。

現金を使っているという感覚がないために使いすぎに注意が必要ですが、車載器によっては、月ごとの利用金額を音声案内してくれたり、明細をプリントアウトできるものもあるので、うまく活用しましょう。

今まで、高速道路を走るからと準備していた小銭の用意もいらず、たとえ財布を忘れてもETCカードさえあればドライブを楽しむことが出来る画期的で快適なシステムです。